第1分科会の様子

「学校経営スタッフとしての事務職員を目指して
〜継承(つぎにつなぐ)と共育(ともにそだつ)〜」


をテーマに福山100NEN教育推進協議会事務職員研修プロジェクトチームより
(年度替わり・服務・事務便り等)のマニュアル作りを通して,取り組みの一端を紹介されました。
災害により分科会参加者が減ったため,あらかじめグループ分けをしてあったが再度グループを編成し,討議を始めました。

グループ討議中の様子
【新規採用者等の支援や人材育成の取り組みについて】を一つ目の討議の柱として4人ずつのグループで討議を始めました。
1名をテーブルに残し3名は違うテーブルで同じテーマを討議し,最後は初め居たテーブルに戻って意見交換を行いました。
少人数で話すことで自分の意見を出しやすくし,,そこで出た話を他のテーブルで提供し,また,元のテーブルで交流するといった手法の分科会でした。

《ワールドカフェ》っていうそうです。
二つ目のテーマとして【事務をつかさどるってなんだろう】について同じ手法で討議を行いました。
他の人が話している内容を,文章ではもちろんのことイラストやイメージ図など,工夫して書き込んで,活発な意見交換ができ,有意義な分科会となりました。
最後に,助言者の広島県教育委員会教職員課福山分室の川相浩人様より学校事務職員に期待することなどの助言をいただきました。

分科会に参加したみんなが,なにがしら元気をもらったり,ヒントを得ることのできた分科会だったと思います。