平成30年度 地区代表者会並びに事務研修会
                                    日時:平成31年1月25日(金)14時〜16時35分
                                    場所:広島市青少年センター 第3集会室
弘済会助成金交付式

  地区代表者会の前に,弘済会からの助成金交付式が行われました。
大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

また,専門部会開催時には弘済会の会議室を使用させていただいております。
県事研活動に多大なるご理解,ご協力をいただいており,大変感謝しております。 


地区代表者会

1 議長選出
2 議事
 <報告>
  @平成30年度(第56回)研究大会報告
  A全事研関係
  B平成31年度全国大会について
  C平成30年度県事研ビジョン「広島風おこのみプラン」進捗状況報告
 <協議及び採決>
  @平成31年度(第57回)研究大会について
  A平成31年度役員候補者選出について
 <連絡>
  〇新年度報告について

   
【協議@】では,来年度の研究大会について,協議しました。
◎事前質問・意見について,常任幹事会から説明を行いました。
【連絡】では,新年度報告について説明を行いました。 

事務研修会

研修
目標達成のために『マンダラシート』を作ってみよう!

(研修部資料一部抜粋)

1 目的 
  ○年次計画に基づき,県事研ビジョンを達成するために必要とされる力量や,資質向上をめざした研修会を開催する
  ○キャリアに応じた研修やカリキュラムマネジメントの研修を企画する 
  ○学校経営参画・事務改善について実践報告等を行う場を設定する

2 内容  学校経営に関わる事務職員   テーマ「目標達成のために『マンダラシート』 を作ってみよう」

3 参加者 地区代表者16人,常任幹事+事務局(13人)のうち参加できる人,研修部6人  約30人

4 方法  ブレーンストーミング 『マンダラシート』
(1)グループ分け   A〜F 6グループ 5名前後
・研修部員はファシリテーターとする。その他の参加者4名程度はランダムに決めておく。
・地区代表者会終了後,グループ分けを発表し休憩後にグループごとに座ってもらう。
・グループが座る位置は前に提示する。
・机いすの移動は会場を見て判断する。
・グループに模造紙,マジック,付箋,を配布する。
(2)全体に向け,今回の研修の進行について説明する(別紙 今日の研修の進め方)
(3)自己紹介をする,グループ名,発表者を決める
(4)第1ラウンド 「お題に接する4つのキーワード及び角のワードを考える」
   第2ラウンド「8つの言葉を中心においた8つのマンダラシートについて考える」
(5)16時10分から順番に全体発表を行う
(6)終了後,挨拶を兼ねて会長の講評(感想)

  こちらは基本となる目標達成用紙テンプレート(マンダラシート)です。 
お題は「連携プレーでチームをつなぐ〜守る,打つ,走る〜」です。


ちなみに,今回の事務研修会は,研修部と研究部のコラボで実現しました。
この研修資料は研究部で持ち帰り,研究材料とされることとなりました。
   
   

各グループとも,アイデアを出し合いました。「あ〜その意見いいね!」とか「それそれ,わかるその気持ち」とか「そうなったら良いよね〜」
など,笑いあり,涙ありの意見交流にみなさん,充実された研修を受けられたのではないでしょうか。
ここで,各グループの作品を紹介します。多少,画質が悪いのですが,興味を持たれた方は各地区の地区代表者の方へ
資料提供をお求めください。

   
   
  

最後に,参加者の中で,この「マンダラシート」を実際に使用して,業務をこなしてるというかたから,「実践報告」がありました。テンプレートも数種類
あるそうで,資料提供いただきました。また,データでも提供いただける予定なので,その際は,県事研ホームページ・会員ページに掲載したい
と思います。乞うご期待!